• ジセダイとは
  • サイトマップ
ジセダイとつながろう!

ようこそジセダイへ!混沌と変革に満ちたこの時代、あなたは、何と闘いますか?ジセダイとは?

  • Home
  • スペシャル
  • 連載
  • イベント
  • 新人賞
  • 星海社新書
  • ジセダイ編集部
  • twitter
  • Facebook
  • RSS
  • youtube
  • Ustream
  • SlideShare

HOME > ジセダイ > お知らせ > 【残席わずか】3/30(土)「中身化する社会の中で、僕らの働き方と生き方はどう変わるのか?」@目黒HUB TOKYO

お知らせ

【残席わずか】3/30(土)「中身化する社会の中で、僕らの働き方と生き方はどう変わるのか?」@目黒HUB TOKYO

2013年03月25日 更新

Dommune、大阪スタンダードブックストアと、各所で大好評の「中身化トークツアー」。

いよいよ今週末は東京です! 残席わずかとなっておりますので、お急ぎくださいませ。

※当日券を出す場合、情報はジセダイTwitterでお知らせ致します。




「中身」が丸裸になる社会を、どう生きていくか?

 

星海社新書『中身化する社会』の発売を記念し、著者本人ふんだんな資料を投影しながらお話しします。一般参加可能な関東での講演は、ジセダイ主催のここだけ!

 

生きるうえで大事なことが、変わった。ネットの進化、そしてソーシャルメディアの爆発的普及によって、テレビや広告などによるイメージ操作は、ほぼ効かなくなっ た。ウソや誇張はすぐに検証され、バレてしまうからだ。商品もサービスも、そして人間までも、その「中身」が可視化され、丸裸にされてしまう社会の中で、 もはや人々は見栄や無駄なことにお金や時間を使わなくなる。そして、大量消費的な流行に流されず、衣食住すべてにおいてより本質を追求するようになる。この社会の“新しい次元”に、僕らはどのようにコミュニケーションと生き方を変化させ、対応していくべきなのか。


菅付雅信

編集者、菅付事務所代表。1964年宮崎県生まれ。法政大学中退。大学1年時から出版の世界でアルバイトを始める。角川書店『月刊カドカワ』編集部 に契約社員で入社し、当時の編集長・見城徹氏(現・幻冬舎代表取締役)に鍛えられる。角川退社後『カット』の創刊に携わり、『エスクァイア日本版』編集部 を経て1991年に独立。自らカルチャー・マガジン『コンポジット』を創刊し、38号を刊行。また、『インビテーション』『エココロ』創刊時の編集長も務める。現在、数々の「編集」の仕事と並行して、朝日出版社のアイデアインク・シリーズを手がけ、津田大介『情報の呼吸法』、Chim↑Pom『芸術実行犯』、園子温『非道に生きる』などの話題作を世に送る。著書に『東京の編集』『編集天国』『はじめての編集』。http://www.sugatsuke.com/

お知らせ