• ジセダイとは
  • サイトマップ
ジセダイとつながろう!

ようこそジセダイへ!混沌と変革に満ちたこの時代、あなたは、何と闘いますか?ジセダイとは?

  • Home
  • スペシャル
  • 連載
  • イベント
  • 新人賞
  • 星海社新書
  • ジセダイ編集部
  • twitter
  • Facebook
  • RSS
  • youtube
  • SlideShare

HOME > ジセダイ編集部 > 今日の編集部 > 「友愛」と「百合」の間で

今日の編集部

「友愛」と「百合」の間で

丸茂智晴
2017年11月17日 更新

理由があり百合小説について勉強中。『マリア様がみてる』がどう消費をされていたのか知りたくて、嵯峨景子さんの『コバルト文庫で辿る少女小説変遷史』を読みました。女性向けレーベルであるコバルト文庫『マリみて』を「百合」として消費した多くは男性読者で、けれどそもこの作品は「百合」を売りに書かれたわけではなくて......と学んでおります。

アシスタントエディター

丸茂智晴

根は体育会系、無鉄砲で直情径行 星海社の鉄砲玉を目指します!

丸茂智晴

星海社アシスタントエディター。
1994年生まれ、長野県岡谷市出身。三度の飯より読書が好きという、いかにも文系な嗜好だが、高校までは理系、根は体育会系。文芸誌『ファウスト』に触発され、編集者になろうと志し、早稲田大学文化構想学部文芸・ジャーナリズム論系に進学。文芸批評を学びつつ、文芸誌『早稲田文学』編集部にて学生編集員として勤務する。文学を勉強し、文芸誌編集を手伝い、書店と雑誌編集部でバイトする本まみれの日々を送った。大学卒業を控えた2017年1月より、星海社に合流。

今日の編集部

投稿者