• ジセダイとは
  • サイトマップ
ジセダイとつながろう!

ようこそジセダイへ!混沌と変革に満ちたこの時代、あなたは、何と闘いますか?ジセダイとは?

  • Home
  • スペシャル
  • 連載
  • イベント
  • 新人賞
  • 星海社新書
  • ジセダイ編集部
  • twitter
  • Facebook
  • RSS
  • youtube
  • SlideShare

ジセダイエディターズ

知らないことこそ面白い。プロの素人エディター。

櫻井理沙

プロフィール

アシスタントエディター。1987年生まれ、群馬県出身。高卒でアパレル企業に入社するも大学進学を諦められず24歳でお茶の水女子大学に入学。西洋史学を専攻する。その後、東京大学大学院へ進学。演劇と装飾写本を愛するロマンティスト。

略歴

1987年:群馬県富岡市にて、日本人の父とアジア系外国人の母の間に誕生(早生まれ)。生まれると同時に日本語を学びはじめ、小3で母の追随を許さないレベルに達する。

2001年:テレビ中継で9.11アメリカ同時多発テロを目撃し、精神的及び知的ショックを受ける。

2005年3月:群馬県高崎市内の公立高校を卒業。第一志望の大学に落ち、アパレル販売員として働きはじめる。

2009年:やはり大学に行きたいと思い立ち退職。「私は若い」と自己暗示をかけながら受験勉強をする。

2011年:お茶の水女子大学文教育学部に入学。勉学に励むつもりが、演劇サークルに入って劇場の床で寝泊まりする生活を送る。

2013年:大学3年生の夏公演でサークルを引退し、やっと本腰を入れて歴史学に向き合う。キリスト教徒とイスラム教徒の関係を研究すべく、レコンキスタ真っ只中のイベリア半島という茨の地へ踏み込んだ。

2015年:研究者を目指して東京大学大学院人文社会系研究科へ進学。周囲の優秀さに打ちのめされる。

2016年9月:史料と睨めっこしていたある日、ふと星海社の人材募集を目にして無意識のうちに応募。修士論文の絶望的な進捗にうちひしがれ、志望動機さえ考えず茫然と臨んだ面接で「出版って右肩下がりの業界ですよね...」と口走る。

2016年11月:「迷ったら面白そうなほうをとる」という信条に従って星海社に合流することを決意。周囲から「怖いもの知らずだね」と言われる。

2017年1月:なんとか修士論文を提出し、星海社に合流。

ジセダイエディターズ