• ジセダイとは
  • サイトマップ
ジセダイとつながろう!

ようこそジセダイへ!混沌と変革に満ちたこの時代、あなたは、何と闘いますか?ジセダイとは?

  • Home
  • スペシャル
  • 連載
  • イベント
  • 新人賞
  • 星海社新書
  • ジセダイ編集部
  • twitter
  • Facebook
  • RSS
  • youtube
  • Ustream
  • SlideShare

ジセダイエディターズ

今井雄紀

プロフィール

86年生まれ(早生まれ)。滋賀生まれ滋賀育ち。大学では、京都でロックのイベントをしつつ、マネジメントについてまじめに勉強。就職を機に上京し、新卒でリクルートメディアコミュニケーションズに入社。営業→ディレクターを経験した。「Webと紙の書籍、イベントを組み合わせた新しい出版事業をつくる」という志に共感し、2012年5月、星海社に合流。主な担当企画に『アニメを仕事に!』、『声優魂』、『キャバ嬢の社会学』、『夢、死ね!』、『内定童貞』、『百合のリアル』、『あなたのプレゼンに「まくら」はあるか?』、『サマる技術』など。都内は自転車で移動。好きなチェーン店はコメダとねぎし。尊敬する人物は、小谷正一。

略歴

1986年:五黄の寅のこの年、滋賀県守山市の兼業農家に長男として生まれる。一族みな職人で、大工、農家、庭師、水道屋、電気屋等が揃う。何があっても自活できそうな環境で、のびのびと発育。

1991年:少年野球をはじめる。小6まで順調にうまくなり、そこで上達が止まる。

2003年:高校の野球部にて、野球部史上初の“ベンチ入りしない3年生”となり、最後の夏をスタンドで過ごす。青春の使い方を間違えたことに気づく。

2004年:大学に入学。入学前オリエンテーションで誰一人友達が出来ず、親に浪人を希望するも却下。しぶしぶ行った先で、恩師となる教授に出会う。以後4年間、キャリアプランニングやマネジメントについて、割りとまじめに勉強する。

2005年: 「みやこ音楽祭」という、京都の大学生とくるりが一緒にやってるイベントにスタッフとして参加。一族みな職人という環境が功を奏し、「野菜と米とストーブ とライトを軽トラで運べるヤバイやつ」として名を成す。「みやこのキリスト」というあだ名がついたのもこのころ。4年生時には2代目代表となり、スペース シャワーTVに出たりする。

2008年:リクルートメディアコミュニケーションズに入社。新卒採用媒体の営業担当となる。またも一族みな職人の経験が役立ち、中小企業の職人気質なお客様と仲良くなりまくった結果、やたら売れる。

2009年:Webの新規事業を行う新部署に配属され、ディレクターに。プロモーションやアプリの企画→提案→制作を3年間ひたすら繰り返す。

2012年: 「はじめてリクルートよりおもしろそうな会社を見つけた!」と思い、星海社のフリー編集募集に応募。面接中、杉原(社長)、太田(副社長)両名から「ほん とにウチに来るの?」と5回くらい念を押される。最初の編集会議でFacebookのフレンドが700名以上いることを指摘され、「リア充エディター」の 2つ名を襲名。

2013年:フレンドが1000人を超える。色々あって、入社半年26歳でジセダイ編集長に就任。初の担当新書『百合のリアル』が発売。

2014年:フレンドが1400人を超える。『アニメを仕事に!』、『キャバ嬢の社会学』、『夢、死ね!』等、話題作を担当。前代未聞の「全裸対談」を披露し、実妹から「キモすぎ」とLINEが来る。

2015年:年明け直後から『内定童貞』、『声優魂』を編集。新時代の持ち込み企画「会いに行ける編集長」もスタート。業界内外に旋風を起こすべく、ボーダーを着て、ボーダレスに激闘中。



ブログ新着エントリ

編集を担当した書籍

ジセダイエディターズ