• ジセダイとは
  • サイトマップ
ジセダイとつながろう!

ようこそジセダイへ!混沌と変革に満ちたこの時代、あなたは、何と闘いますか?ジセダイとは?

  • Home
  • スペシャル
  • 連載
  • イベント
  • 新人賞
  • 星海社新書
  • ジセダイ編集部
  • twitter
  • Facebook
  • RSS
  • youtube
  • Ustream
  • SlideShare

ジセダイエディターズ

雑誌、小説、ノンフィクション……釣り竿片手になんでも作る!

平林緑萌

プロフィール

星海社エディター。
1982年奈良県生まれ。立命館大学大学院文学研究科博士前期課程修了。書店勤務・版元営業を経て編集者に。2010年7月、星海社に合流。歴史と古典に学ぶ保守派。趣味は釣りと料理。忙しいと釣りに行けないので、深夜に寂しく包丁を研いでいる。

略歴

1982年:奈良県北葛城郡(現・葛城市)に二人兄弟の次男として生まれる。父は日本古代史を専門とする学者。古墳や寺社仏閣を連れ回され、必然的に歴史に興味を持つ。

1994年:この頃、スクール水着に着目する。

2000年:某仏教系私立高校を卒業し、立命館大学文学部史学科東洋史学専攻に入学。吉本道雅教授(現・京都大学教授)に師事し、先秦諸子の成書過程を歴史言語学的手法で検討する日々を送る。

2004年:そのまま同大学院修士課程に進学。卒業論文は「墨子説話諸編序論」。

2006年:修士課程修了。修士論文は「容成氏考」。学資が尽きたため学究の道を中座し、名古屋の書店チェーンに入社。バイヤーとして勤務する。

2007年:激やせする(当時の体重は49キロ)。書店を退職し、太田出版に入社。営業部にて日本の3分の1の地域の書店・取次支店を担当する。

2009年:なぜかQuick Japan編集部に異動となる。

2010年:星海社立ち上げの報に接し、校了明けの眠い目をこすりつつ応募書類を書く。晴れて7月より星海社に合流。

2011年:文庫・FICTIONS・新書と立て続けの創刊でわけが分からなくなる。

2012年:2月、芝村裕吏『マージナル・オペレーション』シリーズ(星海社FICTIONS)の刊行開始。現在まで続く大ヒットシリーズとなる。9月、さやわか『僕たちのゲーム史』(星海社新書)刊行。ロングセラーとなる。

2013年:7月、tugeneko『すくみズ!』(星海社COMICS)刊行。全国のスクール水着を愛する紳士たちに好評をもって迎えられる。11月、芝村裕吏『遙か凍土のカナン』シリーズ(星海社FICTIONS)の刊行開始。こちらもヒット作となる。この年、釣りにハマる。

2014年:7月、『ジセダイ』にて、くらふと『ゆかいなお役所ごはん』連載開始。人気コンテンツとなる。8月、原田実『江戸しぐさの正体』(星海社新書)刊行。話題書となり短期間に版を重ねる。この年の担当書籍は20点。

2015年:「今年は仕事でもプライベートでも、これまでにないくらい大きな魚を釣りたいですね......」(談)

ブログ新着エントリ

編集を担当した書籍

ジセダイエディターズ