• ジセダイとは
  • サイトマップ
ジセダイとつながろう!

ようこそジセダイへ!混沌と変革に満ちたこの時代、あなたは、何と闘いますか?ジセダイとは?

  • Home
  • スペシャル
  • 連載
  • イベント
  • 新人賞
  • 星海社新書
  • ジセダイ編集部
  • twitter
  • Facebook
  • RSS
  • youtube
  • SlideShare

ジセダイエディターズ

愛と出版で地球を守れ!

阿部まり花

プロフィール

1995年、東京都生まれ。多摩美術大学芸術学科に入学し、美術館や神社で働きながら言語の可能性を探る。卒業研究は花村萬月と宗教理論。2018年4月より星海社に合流、アシスタントエディターに。

略歴

1995年:デザインを生業とする両親のあいだに生まれる。今はなき青山・こども城で幼年期を過ごした。将来の夢はウルトラマン。

2005年:はやみねかおる先生の虜に。初恋の男の子から「字が汚い」と言われ、書体の研究に励む。

2008年:中学校へ進学し、吹奏楽部や美術部に所属するも己の才能のなさに驚愕。かっこつけで始めたドイツ語の勉強が楽しくなってしまう。

2009年:アニメとギャルゲーの目覚め。女体の魅力にノックアウト。こころなしか実妹の笑顔が減る。

2011年:花村萬月先生の著作と出会う。小説『裂』で編集や校閲の仕事を知り、作家を支える側の職業を夢見る。

2013年:ハロー!プロジェクトやアイドルマスターに溺れ、脳味噌が退化し始める。

2014年:敗北の受験戦争を終える。父親の母校である多摩美術大学という名の動物園へ。

2015年:神社での勤務を開始。以後3年間、冠婚葬祭にまつわる過酷さとうつくしさを知る。

2016年:熱き評論家・安藤礼二教授のゼミへ従事。あらためて出版を志す。

2017年:就職戦争にも破れ、以前から憧れていたオートバイの免許を取る。現実逃避のつもりが運動神経の悪さに四苦八苦。

2018年:魂の卒業論文を無事提出。星海社の面接に臨むも、ポンコツさを見透かされ留年を決意。すべての手続きを終えたのちに内定の報を受け、女子大生(仮)エディターに。

ジセダイエディターズ