• ジセダイとは
  • サイトマップ
ジセダイとつながろう!

ようこそジセダイへ!混沌と変革に満ちたこの時代、あなたは、何と闘いますか?ジセダイとは?

  • Home
  • スペシャル
  • 連載
  • イベント
  • 新人賞
  • 星海社新書
  • ジセダイ編集部
  • twitter
  • Facebook
  • RSS
  • youtube
  • Ustream
  • SlideShare

HOME > ジセダイ編集部 > エディターズダイアリー > 「次世代に向けた星海社新書フェア」を開催中です! 4月1日まで1週間。変わるなら? 今でしょ!

エディターズダイアリー

「次世代に向けた星海社新書フェア」を開催中です! 4月1日まで1週間。変わるなら? 今でしょ!

落合みさこ
2013年03月25日 更新

「次世代に向けた星海社新書フェア」を開催中です!

ジャン!

こんにちは。星海社広報のみさみさです。

初めてジセダイに登場し緊張しております。

本日は、開催中のフェアについてご紹介させていただきます(`・ω・´)

 

この度「次世代に向けた星海社新書フェア」を書店さんで開催中です!

春の新社会人・新大学生に向けて星海社新書の中から16冊を選びました。

 

世界で戦う教養は、家で学べるものだ!

先行きが不透明なうえに、アイデンティティを持って世界で戦うことを強いられている時代。

そんな時代を生き抜くために、自分に必要な武器は何か。

新生活のこの春に新しい武器を、本屋さんで手に入れようではありませんか。

 

4月からの1年間を全力で行け! 星海社新書フェア16点は以下です。

①武器としての決断思考 瀧本哲史

②仕事をしたつもり 海老原嗣生

③面接ではウソをつけ 菊原智明

④「やめること」からはじめなさい 千田琢哉

⑤世界一退屈な授業 適菜収

⑥20歳の自分に受けさせたい文章講義 古賀史健

⑦君の歳にあの偉人は何を語ったか 真山知幸

⑧僕たちはいつまでこんな働き方を続けるのか? 木暮太一

⑨独裁者の最強のスピーチ術 川上徹也

⑩自分でやった方が早い病 小倉広

⑪「10年後の自分」を考える技術 西村行功

⑫武器としての交渉思考 瀧本哲史

⑬「あたりまえ」からはじめなさい 千田琢哉

⑭一億総ツッコミ時代 槙田雄司

⑮キヨミズ准教授の法学入門 木村草太

⑯年収150万円で僕らは自由に生きていく イケダハヤト

ざっと並べるとこんな感じです。

書店さんでは、こちらのポップが目印です! 

書店さんでゲットだぜ!

 

今回のフェアの16点をフェア星海社編集長柿内にコメントをもらいました(*`ω´)

【星海社新書編集長柿内からのコメント】

 この16の「武器」は、4月から全力でスタートしようと意気込むあなたを、全力でサポートする。

学生におすすめの組み合わせ(カスタマイズ)は、か、

若手社会人ならもいい。のカスタマイズも最強だし、なんかもおもしろい。どんな組み合わせでもいい。

まずはこのなかから3冊を自分なりに組み合わせて、読んでみてほしい。きっと、世界の見え方が少し変わり、行動しようという気持ちもわきおこってくるはずだ。もちろん、16冊すべてを読破してほしいが、まずは3冊。

個人的には、の組み合わせを強く推奨しよう。スタートのタイミングである4月1日は、もう来週だ。変わるなら、今でしょ。

 

3月21日に卒業したばかりの私……そんな私が新大学生におすすめしたい3冊もご紹介させてください!

私はのセットです。

 

③面接ではウソをつけ 菊原智明

私……この本を読んで星海社だけ受けて合格しました!

⑥20歳の自分に受けさせたい文章講義 古賀史健

レポートや卒論などの文章の書き方を学べることはもちろんのことです。

今の時代は、FacebookやTwitterを始めとし書くということで自分の考えや思いを伝えることが増えていると感じます。そんな現代を生き抜くための文章講義をしてくれます。

⑫武器としての交渉思考 瀧本哲史

大学が始まるということは、新しい仲間と目的を持って何かに取り組むことが多くなると思います。いつも同じメンバーとは限らない、いつも賛同してくれるとは限らない。この一冊を読んでおくと、そのような場面にも落ち着いた対応ができるようになりますよ。

実際に私は、何かやりたいことに親に協力を要請するときにこの本を何度も読み、交渉思考という武器を手に入れ、自分の気持ちをきちんと伝え交渉することができました。

 

なんでも知っている。という心の余裕が大切なんですね。

4月星海社新書で武器と自信を手に入れてくださいね。

「次世代に向けた星海社新書フェア」よろしくお願いします! 

 

 

 

エディターズダイアリー

投稿者