• ジセダイとは
  • サイトマップ
ジセダイとつながろう!

ようこそジセダイへ!混沌と変革に満ちたこの時代、あなたは、何と闘いますか?ジセダイとは?

  • Home
  • スペシャル
  • 連載
  • イベント
  • 新人賞
  • 星海社新書
  • ジセダイ編集部
  • twitter
  • Facebook
  • RSS
  • youtube
  • Ustream
  • SlideShare

HOME > ジセダイ編集部 > エディターズダイアリー > 深夜33時、戦場からのブログ更新

エディターズダイアリー

深夜33時、戦場からのブログ更新

柿内芳文
2011年12月27日 更新

深夜33時――世間では午前9時。

戦場の最前線――世間では編集部。

〆切までのファイナルカウントダウン

——世間ではクリスマスだ、サンタさんだ、仕事納めだ、大晦日だ、カウントダウンだ、わーい。

 

ぼくは12月が大嫌いだ。

 

自分の誕生日もあるし、クリスマスもあるし、年末で賑やかな感じだというのに、毎年まったく楽しめない。心に余裕がない。

それもこれも、「年末進行」(年末・正月休みのために〆切が前倒しになること)が原因だ。

いや、年末進行にかこつけて、ギリギリの仕事になってしまう「自分のふがいなさ」が原因なのだ。

 

とにかく、目の前のこの本を、校了しなければならない。

今日は校了日だ。早く印刷所に原稿を渡さなければならない。

もういいや、渡しちゃえ、と思うことは何度もある。しかし、そこで踏みとどまらなければならない。

年末進行というのは、出版業界の都合だ。

著者、そして本を読む読者には、まったくもって無関係の話だろう。

 

出版社にとっては、毎月出すたくさんの本の1冊かもしれない。1年間に8万点もの本が世に出ている。

しかし著者にとっては、人生のすべてをかけた、体重のすべてを乗っけて書いた「魂のさけび」なのだ。

1/1。分母と分子は同じ「1」だ。

読者にとっても、自分の人生をかけて稼いだ貴重なお金を支払って読む1冊であり、自分の人生の貴重な時間を使って読む1冊なのだ。

時間がないからといって、手を抜くなんてことは一切許されない。

いや、ぼくにはできない。

それをしてしまったら、自分のなかの何か大切なものが壊れてしまう気がする。

童貞を失ったら、もう魔法が使えなくなってしまう、「あの感じ」だ。男性にならこの気持ち、わかるだろ?(童貞を除く) 

もう「あの頃」には戻れなくなってしまう。

 

そりゃ僕だって、「しんどい」「手を抜きたい」と思うことはある。多々ある。

今日もあれば、明日だってあるだろう。

でも、抜けない。そういう性格なのだ。

 

というわけで、校了最中にこのダイアリーを書いているぼくは、どうすればいいのだろうか? 

深夜33時半になってしまった……。ああ。

星海社新書 初代編集長

柿内芳文

さおだけの1発屋じゃ終われない

柿内芳文

ツイッターを見る

星海社新書OB。
新卒で光文社に入社し、『さおだけ屋はなぜ潰れないのか?』『99.9%は仮説』『若者はなぜ3年で辞めるのか?』『非属の才能』(すべて光文社新書)など、自分と同世代以下に向けて、メッセージ性が強く、かつ読みやすさにとことんこだわった本を作り続ける。2010年春に杉原幹之助・太田克史の両氏と出会い、「星海社で共に戦おう」と誘われ、3カ月悩んだ末に移籍を決断。星海社でも「新書」をベースキャンプとしながら、出版界の「高み」への登攀を目指す。新書編集歴9年の新書バカ。新書こそがノンフィクションの完成形であると信じて疑わない。尊敬する編集者は、戦後最大の出版プロデューサー・神吉晴夫。好きな言葉は、「俺は有名人と称する男のおこぼれは頂かぬ、むしろ無名の人を有名に仕あげて見せる」(神吉晴夫『カッパ大将』より)。

エディターズダイアリー

投稿者