• ジセダイとは
  • サイトマップ
ジセダイとつながろう!

ようこそジセダイへ!混沌と変革に満ちたこの時代、あなたは、何と闘いますか?ジセダイとは?

  • Home
  • スペシャル
  • 連載
  • イベント
  • 新人賞
  • 星海社新書
  • ジセダイ編集部
  • twitter
  • Facebook
  • RSS
  • youtube
  • Ustream
  • SlideShare

HOME > ジセダイ編集部 > エディターズダイアリー > 「生電話OK!」の生放送をはじめて15週、ついに電話がゼロになった......。

エディターズダイアリー

「生電話OK!」の生放送をはじめて15週、ついに電話がゼロになった......。

今井雄紀
2015年07月28日 更新

こんばんは。
星海社の編集者をやっております、
今井雄紀と申します。 

今日書きたいことはまあ、表題の通りです。
今年の3月に「会いに行ける編集長」
という企画をはじめまして、
「9/30までにいい企画が出なかったら編集長をやめる」
なんてことまで表明して、
すでに16回ぐらい放送を重ねているのですが、
全然うまくいってない
のです。やばい。
 
「会いに行ける編集長」、ざっくり説明すると、
 
①(出版業界唯一の)新書の「持ち込み」を受けつける企画
②持ち込みたい人は、毎週火曜日20時からニコ生中のぼくに生電話
③企画がよかったら、編集会議で検討
④会議を通過したら、出版決定!
 
という内容でして、
とにもかくにも②のお電話がないと、
話になりません。
 
第1回〜第15回まで、
大変ありがたいことに少なくとも毎回1本は
持ち込みのお電話を頂けていたのですが、
前回ついにそれも途絶えてしまい……。
2時間、ただひたすら今井がひとり喋っているという、
ぼくにとっては地獄のような時間が続きました。
(最後30分は編集長太田も合流)
 
持ち込みがない理由について、
視聴者のみなさんにお聞きしたところ、
 
「ジャストアイデアでもいいって言ってるくせに
今井がコテンパンにするからこわい」
「筋がいいかわからないのに、
いきなり提案するのが怖い 」
「自分から電話するのが億劫」
 
といった至極ごもっともなご意見を頂きました。
そんなにコテンパンにしてるかな……。
ちょっと気をつけます。
ハードル下げても意味ないので、
嘘は絶対言いませんが。
 
電話を「する」のが大変だということなので、
電話を「待つ」こともできるようにしたいと思います。
下記のようなフォームを作成いたしました。
 
 
ここに簡単な企画内容を投稿して頂くと、
放送中にぼくから、お電話を差し上げる可能性があります。
基本的には、「いい!」と思ったものだけにかけますので、
そんなにヒドいことは言わないと思います……。
 
自分から電話するほどじゃないけど、
暖めている企画がある方。
ぜひぜひご投稿くださいませ。
(無論、お電話してくださる方優先ですが)
 
というわけで今晩も下記のURLで20時から放送します!
何とぞ、よろしくお願い致します!!
(タイムシフト予約もぜひ!)

【第17回】会いに行ける編集長

アシスタントエディター

今井雄紀

みんな友達リア充エディター!

今井雄紀

ツイッターを見る

86年生まれ(早生まれ)。滋賀生まれ滋賀育ち。大学では、京都でロックのイベントをしつつ、マネジメントについてまじめに勉強。就職を機に上京し、新卒でリクルートメディアコミュニケーションズに入社。営業→ディレクターを経験した。「Webと紙の書籍、イベントを組み合わせた新しい出版事業をつくる」という志に共感し、2012年5月、星海社に合流。主な担当企画に『アニメを仕事に!』、『声優魂』、『キャバ嬢の社会学』、『夢、死ね!』、『内定童貞』、『百合のリアル』、『あなたのプレゼンに「まくら」はあるか?』、『サマる技術』など。都内は自転車で移動。好きなチェーン店はコメダとねぎし。尊敬する人物は、小谷正一。

エディターズダイアリー

投稿者