• ジセダイとは
  • サイトマップ
ジセダイとつながろう!

ようこそジセダイへ!混沌と変革に満ちたこの時代、あなたは、何と闘いますか?ジセダイとは?

  • Home
  • スペシャル
  • 連載
  • イベント
  • 新人賞
  • 星海社新書
  • ジセダイ編集部
  • twitter
  • Facebook
  • RSS
  • youtube
  • Ustream
  • SlideShare

HOME > ジセダイ編集部 > エディターズダイアリー

エディターズダイアリー

ジセダイエディターたちの、日々の動きがわかるブログです。編集者としての活動報告とともに、日々何を考え、何を生み出そうとしているのかを隠すことなく披露していきます。

最終回は郊外をご紹介

 ダラダラと続けてきたミャンマー旅行記も、今回で締めと致します。
 ご紹介するのは郊外の見所(?)であります。
 とはいえ、僕もそんなに沢山回っているわけではないので、どこまで参考になるのかはアレですが……。
 かなり一般向けでなくなってきますので、アグレッシブな方の需要があることを祈って……。

2016年02月29日 更新
星海社の築地です。 感極まる速報をひとつ、お届けさせてください。   『新しい「マイケル・ジャクソン」の教科書』(ビジネス社)、『マイケル・ジャクソン』(講談社現代新書)、『ウィ・アー・ザ・ワールドの呪い』(NHK出版新書)、『プリンス論』(新潮新書)を世に送り出した西寺郷太さん、星海社新書に登場です。   タイトルは、『80’s ディーヴァのサヴァイバル 〜ジャネット、マドンナ、そしてホイットニー〜(仮)』   2月25日(木)配信となった『水道橋博士...
  昨日20時から、「会いに行ける元編集長」をニコ生で放送しました。 1時間40分ほどの放送で、のべ120人の方にご視聴いただきました。 ご覧になってくださったみなさん、ありがとうございます!   「会いに行ける編集長」は、昨年3月〜9月まで 実施していた、新書持ち込み企画です。 050-5532-0892まで電話をかけると、 ぼくにつながるようになっていて、 新書の編集者であるぼくに、直接企画を持ち込むことができます。   ちなみに今日の持ち込み件数は「0」でし...
  今日は、だいじなお知らせがあります。   先日のニコ生でも発表いたしましたが、 このたびわたくし今井雄紀は、 ジセダイの編集長を退任させていただくことになりました。 後任は、星海社副社長である、太田克史が務めます。 昨年末から何度も議論をかさねたことで、 ぼくとしては、100%納得しての交代です。   交代の理由は単純で、 「成果が出なかったから」であり、 「今後も出そうにないから」です。   前任の柿内さんから引き継いで3年と少し。 「行動機会提案...

作られた伝統「江戸しぐさ」に終止符を! 2014年発刊以来、大きな話題を集めている『江戸しぐさの正体』の続刊、『江戸しぐさの終焉』いよいよ2月25日発売です。乞うご期待。