• ジセダイとは
  • サイトマップ
ジセダイとつながろう!

ようこそジセダイへ!混沌と変革に満ちたこの時代、あなたは、何と闘いますか?ジセダイとは?

  • Home
  • スペシャル
  • 連載
  • イベント
  • 新人賞
  • 星海社新書
  • ジセダイ編集部
  • twitter
  • Facebook
  • RSS
  • youtube
  • Ustream
  • SlideShare

HOME > ジセダイ編集部 > エディターズダイアリー

エディターズダイアリー

ジセダイエディターたちの、日々の動きがわかるブログです。編集者としての活動報告とともに、日々何を考え、何を生み出そうとしているのかを隠すことなく披露していきます。

2011年09月26日 更新
『20代で出逢っておきたい100の言葉』(かんき出版)を始め 次世代向けの著作が次々ヒット作となっている 千田琢哉さんと打ち合わせをしました。 千田さん初の新書となる企画です。 タイトルは 『やめるが勝ち』(仮)   今は21世紀。 とっくに時代は変わっている。 そろそろ20世紀型のスタイルはやめよう! いままで「やるといい」とされていたことは 武器ではなく、むしろ「足かせ」になっていることが多いのだ。 自分を変えたい、成功したい、夢をかなえたい、という人は いっぱいいっ...

勉強したつもり

竹村俊介
2011年09月23日 更新

今日は中経出版時代に

『魔法の速習法』を書いていただいた園善博さんと

お打ち合わせしてきました。

 

かつて勝間和代さんにも速読を教えられたことのある園さん。

今は速読のみならず、記憶法・勉強法の伝授にも力を入れられているそうです。

 

sono.jpg

 

そんな園さんとお話していて盛り上がった企画がコチラ

官能小説を400冊近く書き続けてこられた 睦月影郎先生にお会いしてきました。 いろいろお話を伺った中で 「書き続ける」ためのコツ・考え方についてのお話が 印象的だったので、ご紹介します。 書くことを仕事とされている方に、何かヒントになればと思います。   【ヒント1】「50分書いたら10分休む」の繰り返し。基本的に日中に仕事。 官能小説を書くのは夜なのかと多いきや、昼に集中して書くそうです。 朝食もきちんと食べて、夕食までには仕事を終えて、夜は飲みに行く。 当たり前かもしれませんが、規...
2011年09月23日 更新
文教堂浜松町店様、星海社新書の大展開ありがとうございます!!!(販売の方から写真をもらいました) いますぐ自分の足で本屋さんをもっともっとまわりたい。本屋さん大好き。 でもいまそれをやると、10月刊が出なくなる。 猛烈ジレンマ!! 心に感謝を念を抱きながら、いまは『長く売れる面白い本』を一冊ずつ着実に作っていくことが、 みなさんのご協力に応えることだと無理矢理自分を納得させて、夜な夜な編集だ。   今日は午前中、用賀で『「10年後の自分」を考える技術(仮)』の打ち合わせ。 この企画、...
2011年09月23日 更新

※風呂に入ったら目が冴えたので更新します。

 

今日は、官能小説を400冊近く手がけてきた

睦月影郎先生に取材するため藤沢の仕事場に行って参りました。

官能小説一筋の先生にしかわからない奥深い世界と独自のノウハウが聞けて

とってもディープな時間を過ごさせていただきました。

mutuki.jpg