• ジセダイとは
  • サイトマップ
ジセダイとつながろう!

ようこそジセダイへ!混沌と変革に満ちたこの時代、あなたは、何と闘いますか?ジセダイとは?

  • Home
  • スペシャル
  • 連載
  • イベント
  • 新人賞
  • 星海社新書
  • ジセダイ編集部
  • twitter
  • Facebook
  • RSS
  • youtube
  • Ustream
  • SlideShare

HOME > ジセダイ編集部 > エディターズダイアリー

エディターズダイアリー

ジセダイエディターたちの、日々の動きがわかるブログです。編集者としての活動報告とともに、日々何を考え、何を生み出そうとしているのかを隠すことなく披露していきます。

よく言いますよね「この世には面白くないものなどない」なんてことを。

「すべては心の持ちようで面白くなる」とか。

 

まあ、世の中には本当につまらないものもあるんじゃないかと僕なんかは思うわけですが、「心の持ちよう」で「最高に面白くなる」一冊を今日はご紹介します。

文章だけで人を欲情させ、興奮させるエンターテイメント。

それが「官能小説」である。

 

ただのエロ小説だと思ってもらっては困る。

あの文章の中にはあらゆる人の感情を操るノウハウが詰まっているのだ。

 

400点以上の作品を生み出してきた官能小説界の巨匠・睦月影郎氏に

官能小説を書くときのノウハウを伺ってきた。

 

2011年12月12日 更新

ぼくは本のタイトルを考えるときに、以下の4つの指標を大切にしています。

 

 ①中身度

 ②身近度

 ③衝撃度

 ④対話度

 

                       

前回からの続き

 

さて、どうやって面接官に「こいつは良いな」と思わせるのか?

それに答える前には就活の面接において、

「良い」というのは具体的にどういうことか考える必要がある。

2011年12月08日 更新

大阪の老舗書店・ユーゴー書店さんが先日閉店されたそうです。

 

さよならユーゴー書店 - Togetter