• ジセダイとは
  • サイトマップ
ジセダイとつながろう!

ようこそジセダイへ!混沌と変革に満ちたこの時代、あなたは、何と闘いますか?ジセダイとは?

  • Home
  • スペシャル
  • 連載
  • イベント
  • 新人賞
  • 星海社新書
  • ジセダイ編集部
  • twitter
  • Facebook
  • RSS
  • youtube
  • Ustream
  • SlideShare

HOME > ジセダイ編集部 > エディターズダイアリー

エディターズダイアリー

ジセダイエディターたちの、日々の動きがわかるブログです。編集者としての活動報告とともに、日々何を考え、何を生み出そうとしているのかを隠すことなく披露していきます。

強制インプット

平林緑萌
2012年01月18日 更新

突然ですが、僕は月に30冊の本を読むことを自分に課しています。

ざっくり計算して1日1冊、これを最低ラインとして設定しています。

小説・ノンフィクション・漫画・学術書など、特に種別は問いませんが、バランスよく読むことを心がけています。

また、資料・単純に読みたいもの・押さえておくべきもの・新刊・話題書など、読む動機もできるだけバラすようにしています。

スクリーンショット(2012-01-19 2.27.13).png

(読書メーターで管理してます)

2012年01月16日 更新

星海社新書1月刊(25日搬入発売)

『20歳の自分に受けさせたい文章講義』(古賀史健・著)

の刷出し見本が編集部に届きました!

09_cover+.jpg 

昨年いっぱいで応募を締め切った第1回ミリオンセラー新人賞

 

応募作をジャッジするのは柿内さん、竹村さんですが、第0回と同様

内容をまとめる為、僕も座談会に参加するので応募作を一通り確認する

ことにしました。

2012年01月11日 更新

年末、なんやらかんやらありまして帰省しておりました。

僕の実家は奈良なんですが、奈良はやっぱりお店とかないので(文学的表現)、いきおい大阪辺りをうろうろすることになるわけです。

関西在住の作家さんと打ち合わせする時も、何となく梅田で待ち合わせたりします。

で、合流してから2人して「人が多すぎる、大阪は良くない!」みたいなことを言う。

お前らなんやねん、という話ではありますが、今日の本題とは全く関係ない枕なのであまり引っ張らずに本題にいこうと思います。

2012年01月10日 更新
新年一発目のエントリーは、 一編集者として「こんな本が売れるんじゃないか」という 予測をしてみようと思います。 僕が考えるのは以下の7つの傾向です。   予測なので占い師口調でお送りします。     【その1:20世紀の掃除】   戦後、経済が成長していくにつれて あらゆるものがつくられてきました。 モノや建物だけではなく制度やシステムも 時代に合わせてつくられてきました。   でもその中には 今から考えると無駄なものも多くありますし 時代に合わ...