• ジセダイとは
  • サイトマップ
ジセダイとつながろう!

ようこそジセダイへ!混沌と変革に満ちたこの時代、あなたは、何と闘いますか?ジセダイとは?

  • Home
  • スペシャル
  • 連載
  • イベント
  • 新人賞
  • 星海社新書
  • ジセダイ編集部
  • twitter
  • Facebook
  • RSS
  • youtube
  • Ustream
  • SlideShare

HOME > ジセダイ編集部 > エディターズダイアリー

エディターズダイアリー

ジセダイエディターたちの、日々の動きがわかるブログです。編集者としての活動報告とともに、日々何を考え、何を生み出そうとしているのかを隠すことなく披露していきます。

「年収1000万円」は本当に幸せか 理想の働き方を実現するためのステップ  あなたは、自分の仕事にどんな不満があるだろうか。「給料が安い」「毎日忙しい」「通勤時間が長い」「上司が理不尽」……あげ始めるとキリがないかもしれない。 「自分の働き方が問題だと感じているなら、どんな働き方をしたいのか?」。ビジネス書作家で、『僕たちはいつまでこんな働き方を続けるのか?』著者の木暮太一氏はこう問いかける。「問題とは、望んでいる状態と現状のギャップのこと。望んでいる状態が分かってい...
「理屈だけで人を動かそうとしていませんか?」――学生も平社員もノマドも身につけるべき「リーダーシップ」とは  リーダーシップといえば、社長や部長、政治家など、リーダー的な立場にある人のみに求められるものだと思いがちだが、「リーダーシップに肩書きは関係ない」と、経営コンサルタントで、『自分でやった方が早い病』著者の小倉広氏は断言する。リーダーシップは、「集団を一定の方向へ導く影響力」。平たく言うと、人を動かす力だ。学生が友人を動かしたり、新入社員が上司を動かしたり、フリーランスが取引先を説得したり...
「起“転”承結」 ――誰でも面白い文章が書ける公式 「文章力に勝る武器はない」――『20歳の自分に受けさせたい文章講義』著者でライターの古賀史健氏は言い切る。「思いを文章という形でアウトプットする技術をマスターすることで、思考力や論理性を鍛えていくことができる」ためだ。  もやもやとした思いがあっても、どう文章にしていいか分からなかったり、いざ原稿に向かっても、なかなか書き出せなかいという人も多いだろう。古賀氏は「公式をマスターすれば、誰でも面白くていい文章が書けるように...

「写真はコミュニケーションの武器」――“元人見知り”カメラマンが伝授する、人物を魅力的に撮る方法

 「素敵な表情を撮りたい」とカメラを構えた瞬間、被写体が緊張して固い表情しか撮れなかった――『僕は写真の楽しさを全力で伝えたい!』著者で人物写真カメラマンの青山裕企さんは、人物写真のそんな悩みを解決し、魅力的に撮るためのテクニックや心構えを伝授する。

   

2012年08月22日 更新
編集者という職業は常に企画を考えています。 最近はこんな企画を考えています。   一つ目は 『数字ほど感情的なものはない』   普通、「言葉」にこそ感情はこもる、と考えられがち。 ただ、最近はこう思い始めました。 言葉ってのはわりとどうとでも言える。 むしろ「数字」のほうに感情が現れているのではないか、と。   たとえばアルバイトの時給。 「いやあ、君は頑張ってるね! 素晴らしい! ……はい、700円」 と雇い主から言われたとします。 ...