• ジセダイとは
  • サイトマップ
ジセダイとつながろう!

ようこそジセダイへ!混沌と変革に満ちたこの時代、あなたは、何と闘いますか?ジセダイとは?

  • Home
  • スペシャル
  • 連載
  • イベント
  • 新人賞
  • 星海社新書
  • ジセダイ編集部
  • twitter
  • Facebook
  • RSS
  • youtube
  • Ustream
  • SlideShare

HOME > ジセダイ編集部 > エディターズダイアリー

エディターズダイアリー

ジセダイエディターたちの、日々の動きがわかるブログです。編集者としての活動報告とともに、日々何を考え、何を生み出そうとしているのかを隠すことなく披露していきます。

「起“転”承結」 ――誰でも面白い文章が書ける公式 「文章力に勝る武器はない」――『20歳の自分に受けさせたい文章講義』著者でライターの古賀史健氏は言い切る。「思いを文章という形でアウトプットする技術をマスターすることで、思考力や論理性を鍛えていくことができる」ためだ。  もやもやとした思いがあっても、どう文章にしていいか分からなかったり、いざ原稿に向かっても、なかなか書き出せなかいという人も多いだろう。古賀氏は「公式をマスターすれば、誰でも面白くていい文章が書けるように...

「写真はコミュニケーションの武器」――“元人見知り”カメラマンが伝授する、人物を魅力的に撮る方法

 「素敵な表情を撮りたい」とカメラを構えた瞬間、被写体が緊張して固い表情しか撮れなかった――『僕は写真の楽しさを全力で伝えたい!』著者で人物写真カメラマンの青山裕企さんは、人物写真のそんな悩みを解決し、魅力的に撮るためのテクニックや心構えを伝授する。

   

2012年08月22日 更新
編集者という職業は常に企画を考えています。 最近はこんな企画を考えています。   一つ目は 『数字ほど感情的なものはない』   普通、「言葉」にこそ感情はこもる、と考えられがち。 ただ、最近はこう思い始めました。 言葉ってのはわりとどうとでも言える。 むしろ「数字」のほうに感情が現れているのではないか、と。   たとえばアルバイトの時給。 「いやあ、君は頑張ってるね! 素晴らしい! ……はい、700円」 と雇い主から言われたとします。 ...

今週木曜、8月23日に、星海社新書8月刊

『僕は写真の楽しさを全力で伝えたい!』(青山裕企著)

が、全力で発売開始になります!

http://ji-sedai.jp/book/publication/shashinnotanoshisa.html 

 

今日は編集部に見本が全力で届きました!

星海社新書初のオールカラー、しかも全力の4色です!

 

 

帯を全力で取ると、いつも縦書きのタイトルが今回はなぜか横書きに!!

去る6/30(土)、瀧本さんの特別講義イベントを、東京大学伊藤謝恩ホールにて開催いたしました。当日は、九州や北陸からの来場者、高校生の来場者もいらっしゃり、多種多様なバックボーン・意見を持つ人が集まる、魅力的な会となりました。                  最初は受け身だった会場の空気も、瀧本さんの「聴衆に意見を求める授業」を受けるうちにどんどんと温まっていき、最後の質疑応答では、到底全員の質問に回答す...