• ジセダイとは
  • サイトマップ
ジセダイとつながろう!

ようこそジセダイへ!混沌と変革に満ちたこの時代、あなたは、何と闘いますか?ジセダイとは?

  • Home
  • スペシャル
  • 連載
  • イベント
  • 新人賞
  • 星海社新書
  • ジセダイ編集部
  • twitter
  • Facebook
  • RSS
  • youtube
  • Ustream
  • SlideShare

HOME > ジセダイ編集部 > エディターズダイアリー

エディターズダイアリー

ジセダイエディターたちの、日々の動きがわかるブログです。編集者としての活動報告とともに、日々何を考え、何を生み出そうとしているのかを隠すことなく披露していきます。

2014年もたくさんの音楽を聴きました。事情により、たくさんの天一も食べました。  くるりの『THE PIER』は長年のファンも椅子から転げ落ちるような名作でしたし、矢野顕子さんの『飛ばしていくよ』も「まだスピードあげるんかい!」と突っ込みたくなるぐらいチャレンジにあふれていたし、tofubeatsさんの『First Album』(の特に「20140803」)ほど、「これはぼくらのための歌だ」と思わせてくれるものはありませんでした。ハンバートハンバートの『むかしぼくはみじめだった』の...
2015年01月07日 更新
  まだ5日ですが、ブログを毎日書いていて困ることが二つあります。 ひとつは「ネタ」、もうひとつは「シメ」です。 なんだかお寿司みたいですね。   ネタはまあ、言わずもがなですね。 毎日、何ついて書くか考えながら暮らしています。 これはもう、続ける限り解決のしようがない問題でしょう。   シメは、ブログの最後に付ける一言のことです。   「じゃあの」とか、 「そんじゃねー」とか、 「今日も、ほぼ日に来てくれてありがとうございます」とか、 そんなやつです。 ...
2015年01月06日 更新
「出版業界、不況で大変だね」   いろんな人にお会いしていると、 そんな風に、優しく声をかけてくださる方がいます。   「そうなんですよー、貧乏ひまなしです」   みたいなことを言って適当にお茶を濁したりしていますが、 「そんなこと言われてもわしゃ知らん!」 というのが本音です。 だって、入った時からずっと不況(と言われている状態)だったから。   マンガ『編集王』の中で、主人公カンパチの宿敵である疎井編集長が、 「不況知らずと言われる出版業界&md...
今日からお仕事ですね。 これを読んでくださっているあなたは、帰省されました? 僕は今年の年始、実家に帰りませんでした。   やること(映画とか、パワプロとか……あと仕事も)がけっこうありましたし、 実家とのコミュニケーションは普段からとっている方だしで、 「正月だから」とがんばって帰ることもないなと判断しました。   そんなだったので、元日から東京で、 ひとりダラダラとFacebookを見ていたんですが、 三が日に同窓会をやる高校って多いんです...
  先日取材で就活の専門家の方にお会いした際、こんな話を聞きました。   「学生は別にアウトプットしなくてもいいんですよ。 どんなに〝こんなすごいことやりました!〟って言われたって、 社会人からしたらたいしたことないんだから。 極端な話、学生時代はインプットだけしてればいいんです」   ごもっとも。   就活の時、大手企業の面接集団面接で語られる、 「ミスコンを主催した」、「フリーペーパーを作った」 「業界内の有名人を呼んでトークショーをした」 といった...