• ジセダイとは
  • サイトマップ
ジセダイとつながろう!

ようこそジセダイへ!混沌と変革に満ちたこの時代、あなたは、何と闘いますか?ジセダイとは?

  • Home
  • スペシャル
  • 連載
  • イベント
  • 新人賞
  • 星海社新書
  • ジセダイ編集部
  • twitter
  • Facebook
  • RSS
  • youtube
  • Ustream
  • SlideShare

HOME > ジセダイ編集部 > エディターズダイアリー

エディターズダイアリー

ジセダイエディターたちの、日々の動きがわかるブログです。編集者としての活動報告とともに、日々何を考え、何を生み出そうとしているのかを隠すことなく披露していきます。

糸井重里さんが何かのテキストで「飲み会で、“とりあえずあいつ呼ぼう”と言われるやつはいいやつだと思うんです。子供にもそうなって欲しい」みたいなことを書かれているのを読んだことがあります。その時、「それいいなあ。いつかそんなやつになりたいなあ」と思いました。 今でこそ「リア充エディター」なんて二つ名で呼ばれる僕ですが、昔は飲み会が苦手でした。爆笑トークはできないし、お酒も好きじゃなかったし……。「自分いなくてもこの飲み会盛り上がるんだ...
社会人1年目、リクルートで営業をしているとき、部長がすっごい怖い人だったのです。 で、その部長主催の「ストレスマネジメント」研修というのがあって、開口一番「お前ら、きちんとサボれよ!」 と恫喝(笑)されたのをよく覚えています。 社会人7年目になって、「ちゃんとサボる」ってすごく大事なことなんだと身にしみます。ずっと全力疾走してると疲れて、止まってしまうんですよね。サボりながらでもいいから、とにかく前に進み続けることが大事で……。 新人時代、部長の言いつけを...
昨日のこと。 Facebookでフレンドだったとある先輩に、フレンド関係を切られていたことに気づきました。フレンドを切られた(ことに気づいた)のは、これで二人目です。 何か腹に据えかねることがあったのか、それともぼくのくだらない投稿に嫌気がさしたのかはわかりませんが、暗に「よくないね!」を突きつけられたと言ってもいいでしょう。多少凹みます。 Facebookが犯した罪のひとつに、「友人の誕生日を覚えていることの価値を暴落させた」というのがあると思っていましたが、こういった「よくないね」の可視化...
探されているのは、あなたかもしれない。 学生の時からずっと世話になっている人たちが経営し、友達が何人も働いている、ぼくが世界で2番目に好きな会社、(なんて『ライオンハート』っぽい言い回しなんだ!)株式会社SCRAPが人材募集をしています。株式会社SCRAPより「採用」のお知らせ  ・求めるスキル「なし」・ポジション「なし」・給与の上限「なし」・雇用形態の制限「なし」 何にもないところからたくさんのエンタメをこしらえてきたSCRAPらしい募集要項だなと思いました。これを見てワクワクする...
2015年01月28日 更新
ブログも毎日続けていると、当然のようにネタがなくなってきます。 読んでくれた人に何か持って帰ってもらいたいなと思って書いているので、こういうときはたいてい「ぼくに何が提供できるだろう」を考えることになります。 ・出版の仕事をしている・フリーランスである・上京経験者である・たくさんの才人に会っている・東京にいる・仕事が下手・太ってきた などが主な価値かなと思っているのですが、それぞれ単体だと、当然ながらぼくよりよっぽど語れる人がいくらでもいるので、掛け合わせて、「自分の土俵」をつくることが大事に...