• ジセダイとは
  • サイトマップ
ジセダイとつながろう!

ようこそジセダイへ!混沌と変革に満ちたこの時代、あなたは、何と闘いますか?ジセダイとは?

  • Home
  • スペシャル
  • 連載
  • イベント
  • 新人賞
  • 星海社新書
  • ジセダイ編集部
  • twitter
  • Facebook
  • RSS
  • youtube
  • Ustream
  • SlideShare

HOME > ジセダイ編集部 > エディターズダイアリー

エディターズダイアリー

ジセダイエディターたちの、日々の動きがわかるブログです。編集者としての活動報告とともに、日々何を考え、何を生み出そうとしているのかを隠すことなく披露していきます。

こんばんは。アシスタントエディターの石川(@seikaisha_iskw)です。ジセダイのエディターズダイアリーでは初投稿ですね。以後お見知りおきを! さて、星海社新書夜話vol.4「書き続けるための生存戦略“記名で本・記事を出すライターは何が違うのか”」のイベントレポートが前後編で公開されました! 「繁忙期は何も食べない」「〆切は絶対に守る」「打ち合わせは相手の会社で」――指名で仕事のくる若手敏腕ライターは何が違うのか?(前編)「繁忙期は何も食べない」「〆切は絶対に守る...
話を元に戻しますね。 憲法について。 じゃあ、(仮に「憲法」を新しく「つくる」と考えて、それは)変えやすい憲法をつくっていくのか変えにくい憲法をつくっていくのか。ここも結構、大事な問題です。 Q9「憲法は変えやすい憲法か、変えにくい憲法か、どちらが理想か」 1.変えやすい憲法 2.変えにくい憲法 今、改憲派の人たちがいる。じゃあ改憲派の人たちが考える新しい憲法ができたときに、じゃあこの先どうするんだ。(新しい憲法に)どんどん不備が見つかったときに、変えていこうということを選択するのか。あるいは今...
次の質問です。 今、「立憲主義」という言葉で議論になっている問題ですね。憲法の根本(に関わる問題)です。 Q5「憲法と国民・国の関係をどう定義しますか」 1.憲法は国の行動を国民が規定するものである(国を縛る)。 2.憲法は国が国民の行動を規定するものである(国民を縛る)。 多くの憲法学者は1だと言い、今の政権に近い人たちは2だと言います。1は西欧式の憲法観であって、日本独自の憲法観があってもいいというのが2の人たちの主張です。そういった言い方も含めて、どちらが憲法としてあるべきなのか。どういう...
さて、憲法の根本は憲法の前文の中で規定されています。その憲法前文を肯定するにしろ批判するにしろ、じっくりと読んだことがありますか。 Q3「あなたは憲法前文をじっくりと(「じっくり」の定義は各自に委ねるとして)読んだことがあるか」 1.ある 2.ない もしかして、護憲派も改憲派も読まずに何か言っていないだろうか。正直に答えてみてください。読んだって人が9割くらいいるといいですよね。でも正直に言えばすごく少ないんじゃないかな、と思います。   ぼく自身がそうです。憲法についての本をある時期...
【7月15日に安保法案が衆院委で可決されたことを受けて、大塚英志氏より改めてメッセージが届きました】 今日、安保関連法案が衆議院特別委員会で可決されました。絶望しているひとも、冷笑しているひとも、この先、時間と手間をかけてやるべきことがあります。そのことについての提案です。 大塚英志 2015年7月15日   本番組はパワーポイント資料をまじえつつ放送されました。放送で使用されたパワーポイントは以下のURLからダウンロードできます。 http://www.slideshare.net/...