• ジセダイとは
  • サイトマップ
ジセダイとつながろう!

ようこそジセダイへ!混沌と変革に満ちたこの時代、あなたは、何と闘いますか?ジセダイとは?

  • Home
  • スペシャル
  • 連載
  • イベント
  • 新人賞
  • 星海社新書
  • ジセダイ編集部
  • twitter
  • Facebook
  • RSS
  • youtube
  • Ustream
  • SlideShare

HOME > ジセダイ編集部 > エディターズダイアリー > 【年末なので】2012年度ジセダイ記事アクセスランキングTOP5

エディターズダイアリー

【年末なので】2012年度ジセダイ記事アクセスランキングTOP5

今井雄紀
2012年12月27日 更新

いよいよ今年もあと数日となって参りました。せっかくの年の瀬なので、ジセダイの人気記事をアクセス数順にまとめたいと思います!まだご覧になっていないものがあれば、年末年始にぜひご一読ください。みなさんの、思考のきっかけになれば、幸いです。



それでは〜COUNTDOWN!!(首グルグル)



 
第5位はこちら!
【これが「ゆとり」の完全体】疑似選挙サービスTeens Opinionを8日で作った現役高校生社長 吉田拓巳の青春と挑発
【これが「ゆとり」の完全体】疑似選挙サービスTeens Opinionを8日で作った現役高校生社長 吉田拓巳の青春と挑発
“10代の、10代による、10代のための擬似選挙サイト”、Teens Opinionを構想から1週間で立ち上げたのは、福岡に住む、17歳のVJ社長だった! なぜ彼はこのサイトを立ち上げるに至り、これから何を目指すのか? ジセダイ史上もっとも「速い」インタビューが始まります。これが“ゆとり”の完全体!

ジセダイ史上最年少、吉田さんの記事が5位にランクイン!12/14(金)にアップしたばかりの記事でこの位置は驚異とも言えます。ちなみに、いいね!数はジセダイ史上最高の327を記録!!


  

第4位はこの記事!
気鋭の経済学者・安田洋祐先生に、経済学の「本質」を学ぶ!【前編】
気鋭の経済学者・安田洋祐先生に、経済学の「本質」を学ぶ!【前編】
東京大学経済学部を総代で卒業し、現在は政策研究大学院大学で“各国のエリートの卵”たちに向け教鞭をとる、若き経済学者・安田洋祐。誤解されがちな経済学の“本質”について語る特別インタビュー。

イケメン安田先生の経済学についてのインタビューがランクインです。アップ以来、ジワジワとアクセスを伸ばしております。少し長い記事ですが、それは先生の丁寧な説明がゆえ。経済に興味が湧くこと間違いなしのインタビューです!




続いて第3位はこちら!
若者のカリスマ・千田琢哉が語る! いま「やめるべきこと」とは?【前編】若者のカリスマ・千田琢哉が語る! いま「やめるべきこと」とは?【前編】

20代向けの書籍が好評な千田琢哉さん。3300人以上のエグゼクティブと対話してきた経験から、成功するために「やめたほうがいい習慣」を『「やめること」からはじめなさい』(星海社新書)にまとめ話題となった。今回はその千田琢哉氏に、これからの時代に僕らが必要とする武器について聞いてきた。

『「やめること」からはじめなさい』『「あたりまえ」からはじめなさい』の著者、千田琢哉さんに、速水健朗さんがインタビュー!瀧本哲史さん→木暮太一さんへと続く、『きみに必要な武器』(http://ji-sedai.jp/special/kimihitsu/)シリーズの第1弾です。




第2位は話題沸騰のこちら!
【すべての広告を焼燬する】悪戯広告結社『反広告社』、その愛憎と信念を聴く
【すべての広告を焼燬する】悪戯広告結社『反広告社』、その愛憎と信念を聴く
最終目標に「世界中の広告を焼燬[しょうき]すること」を掲げ、ソーシャルメディア上に突如現れた悪戯広告結社『反広告社』。勝手広告をつくり、“クライアント”への勝手掲出を生業とする彼らの活動動機はなんなのか、目指す先はどこなのか……。独占インタビューをお届けします。

「反広告社」、最初で最後ののメディア出演となった本記事は、賛否両論を巻き起こしつつもソーシャルメディア上で大きな話題となりました。こちらも11月掲載開始とは思えない躍進です。




そしていよいよ、2012年ジセダイでもっとも読まれた記事の発表です……



それはこちら!



若き憲法学者・木村草太先生に、「法学のマインド」を学ぶ!【前編】
若き憲法学者・木村草太先生に、「法学のマインド」を学ぶ!【前編】
昨年上梓した『憲法の急所』が法学を学ぶ学生から絶賛を持って受け容れられた、若き憲法学者・木村草太。まだ一般のメディアに登場したことのないこの俊英が、メディアに初登場。憲法とは、法学とは何なのか?ジセダイ教官による、新しい「知」の授業がはじまります──。

ジセダイ教官第一弾であり、イケメン木村先生の星海社デビューとなった本記事が、今年度のジセダイ最多アクセスを獲得しました。掲載開始時はもちろん、中村棋士との対談時や、『キヨミズ准教授の法学入門』発売後のアクセス集中も奏功!2012年のジセダイは、木村先生にお世話になりっぱなしでございました。木村先生、ありがとうございました!



以上、2012年のジセダイアクセスランキングでございました!


今年も、たくさんのアクセスやいいね!、Retweetをありがとうございました。
2013年度は、みなさんと一緒に、さらなる高みを目指していきたいと思っております。
来年も、よろしくお願い致します!!

アシスタントエディター

今井雄紀

みんな友達リア充エディター!

今井雄紀

ツイッターを見る

86年生まれ(早生まれ)。滋賀生まれ滋賀育ち。大学では、京都でロックのイベントをしつつ、マネジメントについてまじめに勉強。就職を機に上京し、新卒でリクルートメディアコミュニケーションズに入社。営業→ディレクターを経験した。「Webと紙の書籍、イベントを組み合わせた新しい出版事業をつくる」という志に共感し、2012年5月、星海社に合流。主な担当企画に『アニメを仕事に!』、『声優魂』、『キャバ嬢の社会学』、『夢、死ね!』、『内定童貞』、『百合のリアル』、『あなたのプレゼンに「まくら」はあるか?』、『サマる技術』など。都内は自転車で移動。好きなチェーン店はコメダとねぎし。尊敬する人物は、小谷正一。

エディターズダイアリー

投稿者