• ジセダイとは
  • サイトマップ
ジセダイとつながろう!

ようこそジセダイへ!混沌と変革に満ちたこの時代、あなたは、何と闘いますか?ジセダイとは?

  • Home
  • スペシャル
  • 連載
  • イベント
  • 新人賞
  • 星海社新書
  • ジセダイ編集部
  • twitter
  • Facebook
  • RSS
  • youtube
  • Ustream
  • SlideShare

HOME > 星海社新書 > 「負け」に向き合う勇気 日本のサッカーに足りない視点と戦略

星海社新書

「負け」に向き合う勇気 日本のサッカーに足りない視点と戦略

杉山茂樹 
2014年05月19日 更新
『「負け」に向き合う勇気 日本のサッカーに足りない視点と戦略』杉山茂樹
<「負け」に向き合う勇気 日本のサッカーに足りない視点と戦略>のPOP

内容紹介

サッカーの見方が一段深くなる、脱「勝利至上主義」の蹴球論!
はっきりと言おう。今の日本のサッカーに足りないのは、負けに向き合う勇気だ。メディアもファンも、サッカー関係者さえも、勝利至上主義、結果至上主義に毒されている。常に「絶対に負けられない戦い」に臨み、勝っている間はただ騒いで、負けたらハイおわり。反省も検証も、ほとんどなされない。敗戦は「なかったこと」にされてしまう。これでは一向にサッカーの質は向上しないし、何よりサッカーの魅力から自らを遠ざけてしまっている。僕が思うにサッカーとは、じつは「負け方を競うスポーツ」であり、その真のエンタメ性は、敗戦の中にこそ見出すことができるのだ。「負け」は決して、辛くて苦しい出来事ではない!

試し読みをする(PDFダウンロード)

書籍情報

タイトル「負け」に向き合う勇気 日本のサッカーに足りない視点と戦略
著者杉山茂樹 
ISBN978-4-06-138551-1
発売日2014年05月22日
定価820円(税別)
amazon.co.jpで詳細を見る

著者紹介

杉山茂樹

杉山茂樹

ツイッターを見る

スポーツライター。1959年静岡県生まれ。大学卒業後、フリーのスポーツライターとしてスポーツ総合誌などで執筆。得意分野はサッカーで、モットーは「サッカーらしさ」の追求。海外取材が豊富で、ワールドカップには82年のスペイン大会以降8大会連続、チャンピオンズリーグに至っては300試合以上の現地観戦取材を行っている。オリンピックも夏季冬季合わせて9度取材。9大会目となる14年ブラジルW杯の取材でも、ピッチ上に描かれる両チームの〝デザイン(布陣)〟に目を凝らす。主な著書に、サッカー戦術本としては異例の大ヒットとなった『4-2-3-1 サッカーを戦術から理解する』や『敗北を恐れぬ監督たち』『布陣図鑑』など。杉山茂樹ブログマガジン


杉山茂樹の「武器としての教養」5冊

走れ! タカハシ
タイトル走れ! タカハシ
著者村上龍
出版社講談社文庫
amazon.co.jpで詳細を見る

爽快な気分に襲われるスポーティな短編集。「スポーツ選手の中に、ストーリーを見いだすのは好きではない」。筆者が後書きに記したこの一文に賛同する。「ストーリー」には感動が不可欠。汗と涙に溢れた、いい話である必要がある。だが、それを重視すれば話は重くなる。逆にスポーティではなくなる。ウエット感ゼロ。そこが何より好きな点だ。

「ジャパン」はなぜ負けるのか
タイトル「ジャパン」はなぜ負けるのか
著者サイモン・クーパー
出版社日本放送出版協会
amazon.co.jpで詳細を見る

世界性に溢れた一冊。人があまり言わないことを言う。あたり前のことは絶対に書かない。この筆者は、常に読者をいい感じで裏切ってくれる。シニカル。辛口でもあるのだけれど、フェアな精神が貫かれているので読後感は爽快。クスッとさせるテクニックもある。この本に限らず、翻訳者である森田浩之とのコンビの良さが光る。

ボールピープル
タイトルボールピープル
著者近藤篤
出版社文藝春秋
amazon.co.jpで詳細を見る

サッカーボールと日常生活の関係を主に切り取ったエッセイ付き写真集。サッカーボールは、立派なピッチの上だけを転がっているわけではない。世界各地、思わぬ場所に転がっている。日常的な風景が、非日常的に見える所が、この写真集の最大の魅力。サッカーの魅力とは? そこ答えが凝縮された一冊。サッカーを見る目が変わること請け合いだ。

攻撃的守備の極意
タイトル攻撃的守備の極意
著者立浪和義
出版社廣済堂出版
amazon.co.jpで詳細を見る

「攻撃的守備」という言葉にまずピンと来た。これはサッカー界では、プレッシングサッカーの別称だ。野球の守備とサッカーの守備とでは本質がまったく違う。そうした前提でこの本を読んだのだが、その守備論にはサッカー的な要素が多々含まれていた。PL学園の1年後輩、宮本慎也氏との守備対談も楽しめる。スポーツ心を刺激させてくれる一冊。

4−2−3−1
タイトル4−2−3−1
著者杉山茂樹
出版社光文社
amazon.co.jpで詳細を見る

机上の空論。世の中には布陣話をそう捉えている人がいる。だが、布陣は家の中にいてはイメージできない。テレビを見ても、ビデオを見ても分かりにくい。観客席の高い位置からでないと確認できないもの、語れないものだ。スタンドの高い位置からピッチを眺めると、サッカーのイメージは変わる。この本で一番言いたかったことは、ずばり脱インドア。

星海社新書 最新刊情報